Sweet Mommy Column

授乳服とマタニティウェアのスウィートマミーはオリジナルの授乳服・マタニティ服の専門店です。このコラムでは様々なノウハウや子育て情報を発信します。

*

渋滞中や新幹線、飛行機移動でも気軽に授乳できる授乳ケープ

   

130

年末年始、里帰りをお考えのママはちょっと気になる、渋滞中や新幹線、飛行機移動でも気軽に授乳の方法。新生児ベイビーであったりすれば、初めての長時間移動に耐えらえれるか心配ですよね。抱っこもベビーカーも1時間も耐えられないのではなどなど、心配は山ほどありますよね。
でも、便利な授乳ケープがあればその不安も吹き飛んじゃいますよ。

新生児ベイビーの旅行はいつからOK

赤ちゃんと里帰りしたいとか、旅行に行きたいって思うパパママは当然いますよねぇー!
でも、いつから旅行していいのか分からない?
折角の正月休みの里帰りも敬遠したくなっちゃう。
赤ちゃんの旅行の良し悪しはもちろん、パパママが判断すること。
どうしても里帰りしたいって思うパパママが考えなきゃいけないのは、赤ちゃんの現在の成長なんですよ。

一般的には首がしっかりとすわったら大丈夫とも言われています。
赤ちゃんによって個人差がありますけど、生後3〜5ヶ月目ぐらいのようです。
とはいっても、赤ちゃんの身体は未熟で免疫力も低い時期。慎重に判断しましょうね。

もし、不安なパパママは、おじいちゃんやおばあちゃんの予定がないなら、近くのホテルの予約を取って逆に呼んじゃって、一緒に初詣すれば喜んでくれるはずですよ(*^▽^*)

授乳ケープは旅先では絶対必須アイテム

131

赤ちゃんと行動する時間がこれから増えてきて、ちょっとした買い物であれば忘れ物をしても家に一度戻ればいいしなんて考え方が出来るからいいですが、旅行や里帰りの時は、使うか使わないかわからないものも含めて可能な限り持って行くようにしたほうがいいですよ。
忘れがちなのが赤ちゃんの健康保険証と母子手帳!絶対に忘れない様に。旅先で何があるかわからないですからね。備えあればです!

お腹がすいたなんて言うのは、パパママだったら我慢すればいいでしょうが、赤ちゃんに我慢させてはいけません。おむつ替えも授乳もとなると一番急に困るんですけど、どうしようもないことです。そんな時に、トイレなどの個室が空いてなかったりしたら最悪。

なので、授乳ケープや授乳ケープ付きコートは旅の必需品になるでしょう。
コートタイプは赤ちゃんをすっぽり隠せるから赤ちゃんも安心、周りの人も授乳してることに気が付かないとなれば最高ですよね!
また、授乳服ワンピースを着ていればもっと安心して旅行ができます!

最後に

年末年始、長時間の長旅になれば赤ちゃんのストレスも考えて行動することが何よりも優先。
少しずつ長く楽しい時間を過ごせることが出来れば、年末年始は里帰りや宮参りはおじいちゃんおばあちゃんにとっても一大イベントが年明けからやってきます。その為にも、忘れ物には注意していつでも授乳できる準備も忘れずに良い年越しを迎えましょう((#^.^#)

 - スウィートマミー情報

  関連記事

出産の入院はいつから?事前の準備がカギ! 必須アイテムの選び方

あっという間に訪れる臨月(妊娠から36週目)に入ると、いよいよ出産時期。待望の赤 …

代官山店はお子さんのお受験ママスーツ模様&ハロウィン仕様

夏が過ぎ秋本番、代官山店の周辺では秋模様に変わっていきます。そんな季節になると、 …

ひな祭りにスウィートマミーの本格袴でお姫様気分を演出!

3月3日桃の節句は女の子の日。「ひな祭り(雛祭り)」は、お雛様を飾りちらし寿司や …

寝てる時も安心!敏感肌ママにもおすすめしたいナイトブラ

妊娠すると、ママの体型や体質には大きな変化が起こり、お腹が大きくなり、胸も大きく …

トレンドを逃さない♪秋物準備のポイントとは!?

  お子様とのお出掛け、おすすめの場所あります!   マミー …

5月開催の運動会にオススメ!ダンボ柄のケープとマザーズトートバッグ

最近5月開催の運動会が増え、お子さんの活躍を応援するママの中には、赤ちゃんを抱っ …

【新型コロナウイルス対策】自社製布マスク(日本製)の販売!

現在、新型コロナウイルスにより日本全国でマスクが不足しています。医療機関などに供 …

運動会の応援もUVカット授乳ケープがあれば赤ちゃんも安心

運動会の応援に向かうママたちはお兄ちゃんやお姉ちゃんの頑張りを応援したいですよね …

7日間限定タイムセール
3連休のお買い得!スウィートマミーでお得な買い物をするには!?

  お得な企画発表します!   マミーブログをご覧いただきあ …

『贈り物に最適!オススメ3選 ベストギフトセレクト』

マタニティウェアは授かり婚をした方やお子さんを授かった方にとっていくらあってもい …