授乳ブラって本当に必要?メリットや選び方を解説!

授乳ブラって本当に必要?メリットや選び方を解説!

妊娠してから産後にかけママの身体は大きく変化します。赤ちゃんの成長を実感する出産準備は、赤ちゃんグッズだけではなくママ用グッズも必要になりますよね。そのうちの一つが、授乳ブラです。授乳ブラと聞くと産後のアイテムだと思いがちですが、実は妊娠中からしっかり下着選びを気をつけておくのが重要なのをご存知でしたか?最近では授乳ブラはカップ付きインナーで代用できる!というママもいますが、実際のところはどうなのでしょうか。

ここでは授乳ブラを買うことのメリットや、意外と種類のある中からどれを選べば良いのか、先輩ママの声を参考に選び方を詳しく解説していきます。

あえて授乳ブラを買う理由は?

改めて授乳用の下着を買うとなると、けっこう枚数もいるし本当に買ったほうがいいのかな…なんて思ったりもしますよね。カップ付きインナーのバスト部分を下に下げればそれで足りる、という声も聞きます。実際授乳中しか使わない下着だったら無理に買わなくてもいいやと思うママも多いのではないのでしょうか?

結論から言うと、やっぱり授乳ブラは買ったほうがいいです。ただ前が開いて授乳しやすいだけでなく、実は妊娠中のプレママから産後までさまざまなトラブル回避にもなるのが授乳ブラなんです。

授乳ブラのメリットって何?

授乳ブラは授乳しやすい下着ということだけではありません。パッドをズラして簡単に授乳ができるのはもちろんですが、それ以外にも実は授乳中のママには嬉しい3つのメリットがあります。

メリット①授乳期のバストに気遣う形

授乳ブラは、形状にも授乳期ならではの一工夫がなされています。授乳ブラのカップは比較的大きめで、バストを包み込むタイプのものが多いですが、これは乳腺の圧迫を防ぐためです。母乳を作るための器官である乳腺は、とてもデリケート。出産前に付けていたブラだと、乳腺を圧迫して母乳を詰まらせてしまい、乳腺炎になって苦しい思いをする恐れもあります。

メリット②バストの垂れを防止して形をキープする設計

授乳ブラの特徴として、幅が広めのアンダーと太めの肩ストラップを採用している場合が多いです。これはサイズアップし、重くなったバストをノンワイヤーで支えるための設計になります。

ここが普通のカップ付きインナーと大きく違う点で、しっかり下から・横から支えないとバストが垂れたりサイドに流れたりする大きな原因となります。特に、下から重さをしっかり支えないと、バストラインをキープする「クーパー靱帯」が伸び切って損傷することに。クーパー靱帯は再生しないので、卒乳後のバストが垂れてしまう原因となります。

メリット③母乳の漏れを防ぐ

授乳期は、母乳の分泌が軌道に乗ると授乳中以外でも母乳が出てしまうことがあります。この時、通常のブラだと外側にしみ出てしまう恐れもありますが、授乳ブラはあらかじめパッドが内臓されるなどして、外側にしみ出るのを防ぐことができます。

このように、授乳ブラは産後の母乳トラブルを未然に防ぐことができるアイテムです。出産を待たなくても、妊娠中からの使用もおすすめですよ!

授乳ブラは妊娠期から使うのがベスト!

出産後からではなく、妊娠中からすでにバストアップしているという人も多いのではないでしょうか。バストアップする理由は、母乳を作るための乳腺が発達しているからです。そのため、キツイと思いながら今までのブラを使い続けるのは要注意!乳腺の発達を邪魔してしまい、出産後の母乳育児に支障が出てしまうこともあります。実はあんまり知られていないのですが、乳腺は妊娠初期(4~15週)から発達し始めます。どうしてもお腹が大きくなる方が目立つのでショーツなどに気を取られてしまいがちですが、妊娠中の胸の変化に合わせた下着選びが大切なんです。

授乳ブラは、妊娠期から使えるよう背中ホックの列が多めに作られている場合が多いです。乳腺の発達を邪魔せず、快適に妊娠期を過ごすためにも、授乳ブラは早めに買っておきましょう。お腹が大きくなり始める前でも、締め付けが少しでも気になったら授乳ブラに切り替えるのがおすすめです。

【参考】妊娠状況に合わせたバストの変化

妊娠初期(~妊娠4ヵ月(妊娠15週)まで)

  • 乳腺が張ってくる、乳腺が発達し始める
  • 2/3カップ程度バストのボリュームがアップ

妊娠中期(妊娠5ヵ月~妊娠7ヵ月(妊娠16週~27週))

  • 1カップ以上バストのボリュームがアップ

妊娠後期(妊娠8ヵ月~妊娠10ヵ月(妊娠28週~40週))

  • 2カップ以上バストのボリュームがアップ

産後〜1ヶ月

  • バストがより一層張る
  • 母乳を作るためバストがさらにボリュームがアップ

どれを選べばいい?授乳ブラは種類が多い!

授乳ブラと一言で言っても実はいくつか種類があります。それは主に授乳時のカップの開け方で種類が分かれます。また、背中にホックがあるかないかでも、着用感に違いが出てきます。種類別に、特徴やオススメをまとめていきます。

付け心地が楽!クロスオープン型(カシュクール)

クロスオープン型は、カップ部分がカシュクールのようになっていて、カップをずらしてはだけさすだけで授乳ができます。こちらはホック無しのハーフトップタイプが多く、比較的価格が安いです。動作が少ないので、手早く授乳ができるのが最大のメリットとなります。

ただし、ホールド力はかなり弱め。また、何度もカップを引っ張るので生地が伸びやすく、型崩れしやすいのもデメリットとなります。

おすすめの使用シーンは、夜間授乳の時。締め付けが少なく、リラックスした状態で布団に入ることができます。寝ながら授乳させる添い乳だと、クロスオープン型が最も手間なく便利です。

フロントオープン型は入院時に便利

https://item.rakuten.co.jp/wayonestore/mmbra-sp/

フロントオープン型は、ブラの中心にボタンやホックが付いていて、そこを開けると両方のバストを全開にできるタイプです。赤ちゃんの顔に下着が当たらないので、授乳のしやすさは◎!また、出産後はほとんどの病院で、母乳マッサージを受ける機会があります。中心からシャツのように開けられるフロントオープン型は、このような時も便利です。

デメリットは、人前での授乳には向いていない点。前が全開になってしまうので露出が多く、人目が気になるところで使うのは控えたほうが良いでしょう。また、ボタンを一つずつつけたりはずしたりすることに、わずらわしさを感じてしまう場合もあります。

入院グッズとして用意する他、外出の予定がない日の着用や夜間の授乳頻度が少ない人の夜用とするのがおすすめです。

デザイン豊富なストラップオープン型

カップとストラップのつなぎ目にホックが付いていて、こちらを外すことでカップを開けることができます。見た目は普通のブラに近く、オシャレなデザインが多いです。ホールド力もあるので、オシャレにバストラインをキープしたい人には特におすすめ!

デメリットは、ホックの付け外しが手間取ることがある点と、ホールド力があるので締め付けが気になる場合がある点。夜間よりも、日中の使用に向いています。

バストをしっかり支えるウィンドウオープン型

ストラップオープンと少し似ていますが、カップの外枠は固定したまま、真ん中の部分が窓のように開けられる設計です。ホールド力が最もあるので、バストラインキープを最重視したい人はこちらがおすすめです。

デメリットは、赤ちゃんに開けたカップ部分が当たりやすいのと、常に全体に締め付け感があること。1日中このタイプを使っていると、疲れて体調不良の原因にもなってしまうので、リラックスして使えるものも必ず用意しておきましょう。

失敗しない授乳ブラの選び方

授乳ブラは、ただカップが開いて授乳しやすくするだけではありません。産前から産後にかけて、乳腺の保護やバストラインのキープに一役買ってくれます。だからこそ授乳ブラの選び方にはこだわりましょう。

バストを支える肩ストラップとアンダーはしっかりしたものを選ぶ

妊娠してから産後に向けてママのバストは乳腺の発達によって大きくなるため産後も垂れないようにしっかりアンダーと肩ストラップで胸の形をホールドしてくれる授乳ブラがオススメ。

授乳ブラを選ぶ時にどうしても締め付けがないものを意識して選びがちですが、形を維持するためにはアンダーがしっかりしたものを選ぶようにしましょう!

ノンワイヤーのブラを選ぶ

授乳ブラ選びの鉄板はやっぱりノンワイヤータイプを選ぶこと。ワイヤーが入っている通常の下着だと敏感な妊娠中のママの肌には痛いと感じることが多いんです。授乳ブラのほとんどはノンワイヤータイプが多いですが、ワイヤーが入っていない分、ヨレるのが早かったりするので価格と口コミはしっかり見ておくことをオススメします。

利用シーンで授乳ブラの種類を分けるのがオススメ

先ほどご紹介した「クロスオープン型(カシュクール)」「ストラップオープン型」「フロントオープン型」「ウィンドウオープン型」と種類が豊富な授乳ブラですが、目的や用途に合わせて使い分けるのがオススメです。

【参考例】

  • 夜間の着用なら、リラックスできるクロスオープン型やフロントオープン型
  • オシャレなデザインが多いストラップオープン型は、日中の利用におすすめ
  • しっかりバストラインをキープするなら、ウィンドウオープン型

スウィートマミーで好レビュー多数の人気授乳ブラ3選

授乳ブラを買いたくても正直どれがいいか分からないから結局知り合いのママ友に聞いたという方も多いので、ネットショップや先輩ママの声からレビューの高い人気の授乳ブラを3つピックアップしました。

スウィートマミーの伝説の美胸授乳ブラ
1:スウィートマミーの伝説の美胸授乳ブラ

¥2,900 (税込 ¥3,190)


日本製 脇高美胸リフトアップ 授乳ブラ

¥3,315 (税込 ¥3,647)


スウィートマミーのレース柄プリント 脇高美胸 授乳ブラジャー

¥3,120 (税込 ¥3,432)


スウィートマミーのマタニティ・授乳ブラシリーズ

まとめ

授乳ブラは種類が多くて価格帯も広いので、最初はどれを選んでいいのか分かりませんよね。安さに惹かれて適当に買い揃えると、あとで買いなおしが必要になる場合もあります。どんなシーンで、どういった機能を重視したいのかを考えて授乳ブラを選んでみましょう!

マタニティ&授乳服カテゴリの最新記事